スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

人は欲しいものを買いたい時に「言い訳を考える」

JUGEMテーマ:最近読んだ本

おはようございます ダホントデスカ

 

 

コピライターは 売りたい商品を色々と商品の特徴 ターゲットとか考えます

商品の見方を様々な方向から 商品の良さを考えます

 

あなたは商品の何が魅力ですか 値段的に見ても そうそうかんたに購入できるとは

思えません

 

コピーライターは何を考えるのでしょうね そうそう簡単に買えそうもない商品を

何を書けば お客さんが買ってくれると思いますか

 

お客さんは値段のことを考えますね もう少し安ければ なんとか手を出してくるかも

しれません だったら もしもこの商品を手にすることが出来れば こんなことができます

 

普通では この商品はとんでもないと思うことが できることが理解できてしまうと

ちょっとだけ この商品を使って見たいという 欲望が湧いてきて 

 

お客さんは こう考えます あれができるなら あれもできるな これもできるなと

思い始めると もうコピーなんて読んでいない 商品の良いところだけが頭に染み付いて

 

欲しいなという 気持ちが湧き出す そして こんな高い商品を買ってきてどうするのって

奥さんに言われるに決まってるから その言い訳を一生懸命考える そういわれたら

こう答える こう言われたら こう答えると  もうお客さんは この高い商品を

 

買うつもりになってしまっている気持ちを 言い訳で納得させていることになって

お客さんは 大きな声で 「この商品をくださ〜い」って言ってました

 

と こういう面白いコピーが書けるコピーライターになって見ませんか

お店のチラシ やお店の告知に お客さんの興味を持ってもらえる お店の看板に

 

あなたの セカンドビジネスのコピーを学んでみるのも面白いかも

 

<script type="text/javascript" src="http://www.infotop.jp/click.js"></script>

<a href="http://gie.fstml.com/su/switaf" onClick="return clickCount(330608, 67935);">スピードライティング実践講座</a>

 

1